鉄芯工法による建築物特許 第795680号
木材の乾燥方法特許 第880094号
長尺木材くり抜き装置特許 第851995号
北海道立林産試験場より普通構造材の認可取得

快適性と省エネルギーは、どちらか一方を
取るとバランスを崩すシーソーのように例
えられます。便利さを優先するとお財布に
キビしくなるし、逆に省エネを追求すると
窮屈な暮らしになってしまいます。本当に
快適な暮らしとは、地球環境にも毎日の家計
にも優しい、貴重な資源を有効に利用した省
エネを実現することでしょう。ムダを省い
た効率的で丁寧な造作は快適性をかなえる
大事な鍵です。丸高ハウスの「鉄芯工法」
は、経済性の高さも特徴に挙げられます。
プレカットと呼ばれる工場で高精度に加工
された材料で組み立てられる在来工法と壁
強度を高める構造用合板との組合せにより
高断熱・高気密・高耐久を可能にしました。
ハウスメーカーは 家という大きなモノを
永く風雪に耐えるように丈夫に造る事が
仕事です。それには、たくさんの資源や
エネルギーを必要とします。家づくりに
おいては居住後の維持費を考えることも
大切ですが 建築過程のエネルギー効率も
無視できないレベルになります。製材業の
経験とハウスメーカの立場から、取り組ん
できたエコへの配慮は日々進化しています。
環境対策技術への心がけは、地球規模の
視点からは些細なものかもしれませんが
モノづくりに関わる企業としても真摯に
受け止めています。これからもお客様へ
快適な暮らしのお手伝いを続けるために
環境配慮は欠かせない問題と思います。
「当たり前のことをマジメにキチンと !」
創業以来40年以上、一貫して貫いてきた
弊社の小さな自慢になるのかもしれません。
copyright(c) 2009 MARUTAKA KENSETU KOGYO.,LTD. All right reserved.